ダロワイヨおせち

ダロワイヨは、1682年のルイ14世の時代のヴェルサイユ宮殿にまでさかのぼる古い歴史と格式を持つ高級ブランドです。

 

1682年、コンデ公に仕えていたシャルル・ダロワイヨ氏はレセプションで提供したパンが賞賛され、ルイ14世に招かれることになります。ダロワイヨは、ヴェルサイユ宮殿において王室に仕え、当時のフランスでは最高の美食の称号であった「Officier de bouche」(食膳係)という名誉ある称号を冠したエリートシェフです。

 

シャルル・ダロワイヨ氏の子孫であるジャン・バティスト・ダロワイヨ氏は来たるべき社会の変革と動向をいち早く感じとり、1802年にパリで最初の「美食の館 ダロワイヨ」を創業しました。

 

ジャン・バティスト・ダロワイヨ氏は、美食に関する全てのデータをまとめ、貴族と同様に新興ブルジョワの家庭でもパーティが開けるよう、調理した食品を提供する業態をはじます。パリのフォブール・サント・ノーレ通りにはじめての店舗を設け、現在もそこにダロワイヨの本店があります。

 

日本では株式会社不二家がダロワイヨ社とライセンス契約を結びました。フランス国外では初となるダロワイヨの一号店が東京自由が丘に開店、1989年には銀座本店が開店しました。

 

現在、世界に31店舗あるダロワイヨのうち、23店舗までが日本と韓国に出店しています。そのアイテムは、マカロンをはじめ、チョコレート、パン、コンフィズリー、フィンガーオードフルなど膨大な数にのぼります。

 

 

ダロワイヨのおせちの予約販売を実施しているデパートは以下となります。

 

三越・東急百貨店・小田急百貨店